FC2ブログ

君の知らない玉手箱

溶けそうで溶けない、アイスクリイムのようなブログ。

アルトネリコ 10週年

記念すべき第1作・〜世界の終わりで詩い続ける少女〜の発売から今年で10週年です。

こんな風に10年後に語れるような作品に出会えて本当に嬉しい。

と言っても、私のアルトネリコ好きを決定づけたのは2で、
1の初プレイ時は変わった世界観と、詩が印象的だなぁという程度の
感想だったように思います。

なのに何で2を買ったのかが自分でも謎(汗)

買って本当に良かったと今更安堵しています。


1はアルトネシリーズ処女作と言うことで、コスモスフィアとかは2、3,に比べると
まだ様子見のおとなしめだったかな。

一方で後々まで物議を醸す「ミシャ、謳ってくれないか」とか、
平和を祈る詩を謳った後での「・・・行かないで!」とか・・・

アルトネシリーズの黒い面(ほめことば)の片鱗は既に見えていたりw


ヒュムノスは個人的な好みですが、圧倒的に1が良曲揃いだと思います。

ファンタスマゴリア、リンカ、クロニクルキー、そしてハーモニウス。

確か1はエンディングでは声優さんの後に詩姫たちの名前が表示されるんですよね。
(2からは最初みとせのりこさんたちの名前が出てきてその後声優さんの順)


いつのまにか閉鎖されていたアルポータルは本当にもったいない(涙)
何で閉鎖してしまったんだ・・・



ヒュムノスを聴くと当時の思い出が蘇ってきます。

来年は2が10週年。

アルトネリコは3で完結して4はもう出ないと思いますが、
思い出の数々はずっとこれからも。



スポンサーサイト



  1. 2016/07/03(日) 00:46:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2